• keisuke beppu

バイナリ―オプションを始めるために(その2)

前回の記事で、バイナリ―オプション取引を取り扱う業者には日本国内の業者と海外の業者があり、若干違いがあることを記載しました。


そもそも、海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの定義とは?


海外バイナリーオプション

海外に本社があるバイナリーオプション業者(証券会社やFX会社など)でバイナリーオプションをすること


日本国内バイナリーオプション

日本国内に本社があるバイナリーオプション業者(証券会社やFX会社など)でバイナリーオプションをすること


と言えます。


では、実際に日本国内と海外の業者では、具体的にどのような違いがあるのかをみていきましょう。


日本国内バイナリーオプション(バイナリーオプション規制後)の取引方法


日本国内バイナリーオプションの基本的なルール


いくつかの判定レートと購入価格(UPの場合とDOWNの場合)が提示される


判定時刻にその判定レートよりも「上がるのか?(UP)」「下がるのか?(DOWN)」を購入する


予想が当たれば → 1000円の払い戻し

予想が外れれば → 購入金額は0円になる



海外業者のバイナリーオプション(バイナリーオプション規制前)の取引方法


海外バイナリーオプションの基本的なルール


○分後(○秒)の判定時刻に今の為替レートから「上がるのか?(HIGH)」「下がるのか?(LOW)」を決めて購入する


予想が当たれば → 購入金額の1.6倍~2.0倍の払い戻し

予想が外れれば → 購入金額は0円になる





「海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの違い」

ペイアウト倍率の違い

海外バイナリーオプションの場合


ペイアウト倍率は一定です。

1.8倍のペイアウト倍率のバイナリーオプションを選んだ場合には、

レートがどう変動しても、


予想が当たれば、1.8倍の払い戻し(ペイアウト)

予想が外れれば、0円


つまり、購入時点のレートが102.250円で判定時刻のレートが

102.251円とたった0.001の上昇だったとしても、

予想が当たれば1.8倍になるのです。



国内バイナリーオプションの場合


ペイアウト倍率が変動します。


払い戻し額の方が1000円と固定されているため、

購入価格が1円~1000円の範囲内で変動する仕様となっています。


判定時刻の予想レートと現在レートとの価格差が大きい → 難易度が高い → 購入価格が安い → ペイアウト倍率が高い

判定時刻の予想レートと現在レートとの価格差が小さい → 難易度が低い → 購入価格が高い → ペイアウト倍率が低い


という関係にあります。


つまり、FXの仕組みに近く、できるだけ現在レートよりも大きく変動して、

予想が当たらないとペイアウト倍率は低いままなのです。


判定までの時間の違い

海外バイナリーオプションの場合


判定までの時間は

30秒、60秒、1分、2分、5分、15分、1時間、2時間

という設定が可能です。


ほとんどの方は

30秒、60秒、1分、2分、5分、15分

を選ぶかと思います。


判定までの時間が短い → ペイアウト倍率が小さい(1.6倍~1.8倍)

判定までの時間が長い → ペイアウト倍率が高い(1.8倍~2.0倍)



国内バイナリーオプションの場合


購入開始から判定時刻までは

最短2時間

という設定になります。


途中からでも購入することができるため、

判定時刻の最短1分前まで購入ができます。



通貨ペアの違い

海外バイナリーオプションの場合


5~20通貨ペア、金相場、株式相場、仮想通貨など

様々な商品に対して取引が利用できます。


国内バイナリーオプションの場合


4~7通貨ペア

ほとんどが日本円関連の通貨ペアとなっています。



税金面の違い

海外バイナリーオプションの場合


総合課税/雑所得


で課税されます。


国内バイナリーオプションの場合


申告分離課税


で課税されます。


税率:20.315%

海外と国内のバイナリーオプションの違いについて考える


規制によって国内バイナリーオプションは

バイナリーオプションの本来のメリットを失ってしまったといえます。



元々、バイナリーオプションは

30秒後、1分後・・・の為替レートが上がるか下がるかで


予想が当たれば約2倍

予想が外れれば0円

というシンプルな投資でした。


「どれだけレートが上がったのか?」は関係がない為

購入時点のレートが102.250円

判定時刻のレートが102.251円


と0.001円の上昇でも、資金が約2倍になるチャンスがあったのです。


しかも、これが最短30秒で何回も繰り返すことができるのですから

バイナリーオプションの勝率が55%を超える必勝法、

ノウハウを身につけた投資家であれば


繰り返せば繰り返すほど資産を増やせる

FXよりも勝ちやすい投資

として注目されていたのです。


トレンドが明確に発生していれば、

○秒後、○分後も、その流れで上昇していると

予測することができますし


レンジ相場でも、一時的に外れたレートの時に

購入すれば高い確率で元に戻ると予測することもできるのです。


丁半博打のような仕組みですが、

為替のテクニカル分析を取り入れることで予測できるため、

勝率を55%、60%、65%・・・と引き上げることができるのです。


これがバイナリーオプションの最大のメリットなのです。


しかし、これを「投機性が高い、ギャンブル的なものだ。」

としてバイナリーオプション規制が導入されてしまったため


国内バイナリーオプションでは


判定時刻まで2時間 → 繰り返し投資して資産を増やすことができない

ペイアウト倍率変動制 → 予想が当たっても、少しの値動きではペイアウト倍率も小さい

という形に変化してしまったのです。


とくに問題なのはペイアウト倍率の変動制です。


海外バイナリーオプションであれば

購入時点のレートが102.250円

判定時刻のレートが102.251円


予想が当たれば資金は約2倍



国内バイナリーオプションの場合

購入時点のレートが102.250円

判定時刻のレートが102.251円


予想が当たっても資金は約1.001倍……


ですから、レートが大きく動かない限り、

利益がでない仕様になってしまったのです。


「為替の方向を当てて」かつ「大きくレートが動いたとき」

にしか儲からないというのであれば、

これは「FX」とほぼ同じなのです。


バイナリーオプション規制後の

国内バイナリーオプションを利用するのであれば、

FXをしていても変わらないのです。


バイナリーオプション規制によって、投機性、ギャンブル性は軽減されたのですが、

同時にバイナリーオプションが持っていたメリットも失ってしまったため、

多くの投資家は海外バイナリーオプションへ口座を移すこととなったのです。



この記事のまとめとしまして、

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの違いは


バイナリーオプション規制


によって生まれたものと考えて良いでしょう。


残念ながら、

バイナリーオプション規制によって仕様変更した

国内バイナリーオプションはバイナリーオプション自体が持つ魅力を損なうサービスになっているため、


本当にバイナリーオプションで稼ぎたいのであれば、

海外バイナリーオプションを選ぶべきであると言えます。


どちらにしろ、国内バイナリーオプションのメリットデメリット、

海外バイナリーオプションのメリットデメリットを正確に把握して、

判断すべきです。



いかがだったでしょうか。

次回からは、バイナリーオプションのメリットを最大限に活かすことができる

海外のバイナリーオプション業者はどこなのか?


について、解説していきます。