Binary Option Salon

Binary Option Salon

投資の知識

プロスペクト理論

投資に携わるようになると、いつか必ず耳にするようになる「プロスペクト理論」とう小難しそうな言葉があります。

このプロスペクト理論だけは投資に関わるなら、

確実に勉強しておくべきだと常々思っています。

ここでは、この「プロスペクト理論」に関して解説していきたいと思います。

 

プロスペクト理論とは

 

この「プロスペクト理論」は、行動経済学の代表的な理論です。

1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーが発表して、

2002年にはノーベル経済学賞を受賞しました。

一言でいうと、

損得に対して、私たちがどのように反応して行動するかをまとめた理論です。

これは、投資だけではなく、恋愛や日常生活の至るところで、

プロスペクト理論は関係しています。

そんなプロスペクト理論の概要を「重要なポイントを6つ」下記にあげてみます。

1.人は得をするよりも、損する方に敏感に反応する。 

「損失回避性 」

2.人は得られる利益は確実に得たいが、確実な損失は避けたがる。 

「 不確実回避性 」

3.損をしている場面だと、リスクのある行動を取りやすくなる。 

「リスク志向的 」

4.人の喜びや悲しみは、参照点に依存する(相対評価)。 

「 参照点依存性 」

5.人の喜び・悲しみは長くは続かない(慣れる)。 

「 感応度逓減性 」

6.人は確率を正しく認識していない。  「 確率加重関数 」

 

これだけでは、

全然わからないと思いますので、順番に解説していきます。

① 損失回避性 (損失回避の法則)

簡単に説明すると、

人は「得をするよりも損したくない気持ちの方が強い」

(利得よりも損失に敏感)という事です。

例えば、

100万円を獲得する喜びより、100万円を失くす方が苦痛!

ちなみに、プロスペクト理論を考えたダニエル・カーネマン氏は

「得をするより、損をする方が2倍以上苦痛を感じる」と考えています。

つまり、人間は、

100万円を失った苦痛と同じ程度の喜びを感じるためには、

200万円以上得しないといけない。

という心理になります。

この、損失回避性(損失回避の法則)は、以下の心理学とも関係があります。

保有効果(授かり効果)

自分が持っているものに高い価値を感じ、捨てることに抵抗を感じる心理現象のこと。

「捨てる」というのは「損する」とも言えます。

つまり、損失回避の影響で「捨てること」にも抵抗を覚えるのです。

自分のアイディアを手放さない、自分が買ったものを高く評価するなど。

現状維持バイアス

変化を嫌い、現状を維持したくなる心理現象のこと。

現状を変えると、今までの環境(状況)を手放すことになります。

さきほどの保有効果とも合わさり、

今のままでいいと思う気持ちが強まるのです。

人が「持っているものを手放したくない」「今のままで良い」と

考えるのは当たり前のことです。

人は「損失回避」「保有効果」「現状維持バイアス」などの

心理的な影響を受けています。

この3つの効果は、プロスペクト理論の中核をなす心理現象だと言えます。

 

② 曖昧回避性 (不確実性回避)

簡単に説明すると、

人は「曖昧なものを選びたくない気持ちが強い」(確実に○○のような方が安心する)

この話に関係する論文が1961年に発表されています。

エルズバークの壺(つぼ)

目の前に壺が2つあります。

壺A:赤玉50個・白玉50個が入っています。 壺B:赤玉と白玉が入っていますが、数はわかりません。

赤玉を引けば100ドルをゲットできる時、どちらの壺を選びますか?

ここが重要なのですが、

どちらの壺を選んでも赤い玉を引く確率は変わりません。

※壺Bは、赤玉ばかりかもしれませんし、白玉ばかりかもしれません。

つまり、どちらも確率50%です。

しかし、

多くの人は壺Aを選びます。

なんとなく分かるかと思いますが、壺Bは何だか嫌な感じがします。

なので、最初から50%と分かっている壺Aの方が好まれるのです。

この実験から、

私たちは曖昧なものに不安を感じたりするため、

曖昧さを避ける傾向にある事が分かりました。

 

この特徴は「アレのパラドックス」で期待値が

低い宝くじを選択する理由を説明出来ます。

選択肢A:確実に1,000ドルがもらえる。 選択肢B:10%の確率で2,500ドル・89%で1,000ドル・1%は賞金なし。

上の宝くじでは選択肢Bの方が期待値が高いですが、多くの人が選択肢Aを選びます。

つまり期待値よりも「確実に得られる利益」を私たちが好んでいることが分かります。

 

③ 状況によりリスクの許容の仕方が変わる

 

簡単に説明すると、

得をしている状態のときは、リスクを避ける(リスク回避的)

損をしている状態のときは、リスクを無視する(リスク愛好的)

 

 

分かりやすい例をあげると、

 

ダニエル・カーネマンの心理学の実験

いま100万円の借金があり、次にの2つの選択肢がありました。

選択肢A:無条件で借金を50万円に減額 選択肢B:コインを投げて表が出たら借金をチャラに!裏が出たら変わらない

ちなみに期待値はどちらも同じ50万円です。

実験の結果では、

圧倒的に選択肢Bの方が選ばれる確率が高かった。

負けていたり、損している状況だとリスクのある選択肢を取るのには理由があります。

先ほど紹介した「人は損するのが嫌い(損失回避性)」という特徴から、

負けているような状況では、リスクが高くても、

とにかく損失がゼロになるような大胆な行動を取りたがるのです。

④ 参照点依存性

 

簡単に説明すると、

人の感情は「自分が設定した基準(参照点)から、

どれくらい変化したのか」で評価が決まる、とされ

人は絶対値ではなく、相対的な変化率に反応する。

例えば、

100万円から80万円に減るよりも、

20万円から0円になった時の方が絶望感があります。

同じ20万円なのに、最初の基準(参照点)によって感じ方が違う

このように、最初に基準をどう置くかで、感じ方は大きく変わります。

参照点依存性と関係が深い実験があるので紹介します。

 

100名ほどの人々を2つのグループに分けて質問をします。

国連に参加している国で、アフリカ諸国が占める割合は何%ですか?

片方のグループには「45%より多いか少ないか」と聞きます。

もう片方には「65%よりも多いか少ないか」と聞きます。

 

実験の結果では、

45%という数字を出されたグループの方が、

65%の数字を出されたグループよりも割合を少なく見積もる傾向があったのです。

 

最初に提示された情報が基準となり、

その後の回答に影響を与える心理現象を「アンカリング」と言います。

固着性ヒューリスティック(係留と調整)は、

アンカリング効果の影響から発生するヒューリスティックだと言えます。

 

⑤ 感応度逓減性

 

簡単に説明すると、

同じ出来事でも、繰り返し起こると徐々に何も感じなくなる現象。

お金の話で言うと、

金額の大きさが2倍になっても

人が感じる価値は2倍にはなりません (価値の大きさは金額に比例しない)。

つまり、持っている100万円が200万円になっても、

150万~160万円くらいの価値(喜び)しか感じないと言えます。

お金以外でもイメージしやすい例はたくさんあります!

・恋人と会うたびに喜びが薄れていく

・新品のスマホにしたけど、段々と嬉しさが消えていく

などです。

少し詳しく説明すると、

喉が渇いている時に自動販売機で飲み物を買って1口飲むと、

とても満足します。

2口目は、満足しますが、1口目よりも嬉しさは減っています。

飲み干すくらいのときは、最初の1口目の感動よりも薄いです。

このように段々と喜びや悲しみに慣れていく様子をグラフで書くと、

こんな感じになります。

 

最初の方が急カーブで、後の方はなだらかに描くことが出来ます。

この関数は「価値関数」と言い、

プロスペクト理論で登場した新しい考え方です。

これまでに登場したプロスペクト理論の内容を上手く描いているので

「プロスペクト理論と言えば上のグラフ」です。

 

⑥ 確率加重関数

簡単に説明すると、

人の心が感じる確率を表した関数のこと。

人は、低い確率を高く評価して、高い確率を低く評価する。

例えば、

冬にインフルエンザが流行っていました。

50%くらいでインフルエンザになると、ニュースで伝えていましたが

「自分は大丈夫」だと感じることはありませんか?

これは、高い確率を低く評価する例です。

50%の確率でインフルエンザになるということは、2人に1人はなります。

自分だけ感染しないと思うのは普通はおかしいのです。

さらに有名な話があります。

アレのパラドックス

宝くじで引き起った問題

【1回目のくじ】 選択肢A:確実に1,000ドルがもらえる。 選択肢B:10%の確率で2,500ドル・89%で1,000ドル・1%は賞金なし。

【2回目のくじ】 オプションA:11%の確率で1,000ドル・89%は賞金なし。 オプションB:10%の確率で2,500ドル・90%は賞金なし。

結果として、

ほとんどの場合、1回目のくじでは選択肢A、

2回目のくじでは選択肢Bが選ばれる。

1回目のくじでは「期待値の低い方を選択」

2回目のくじでは「期待値が高い方を選択」

これは、

私たちは、1%のような低い確率を高く評価してしまいます。

1回目の宝くじで期待値が低い方を選んだ理由は、

この1%を嫌ったからです。

普通に考えれば、たった1%ですが、

この1%を高く評価してしまってリスクを嫌ったのです。

 

概要で登場した①~⑤をまとめた「価値関数」・⑥の「確率加重関数」の2つがプロスペクト理論では重要になります。

「価値関数」で感情的な評価「確率加重関数」で確率(リスク)の評価

プロスペクト理論では、この2つの関数から、

私たちは意思決定をして行動を起こしていると考えているわけです。

 

さらに詳しく解説すると、

いままでの経済学では

「人は自分の利益が最大になるように行動する (期待効用理論)」と考えていました。

しかし、それでは説明できない経済現象がたくさんあります。

例えば、

バブルや大恐慌などの発生確率的は限りなく低いはずなのに、

何故が定期的に発生しています。

プロスペクト理論では、人の心の動きをモデルに組み込んでいるので、

従来の経済学では説明できなかった現象を分析できるようになったのです。

 

いかがだったでしょうか。

プロスペクト理論の登場で、人の心理を

論理的かつ実証的に解説できるようになっています。

しかし、この理論がどのように投資と関わってくるのでしょうか。

今後は、この理論を基に、

投資に関わる人の心理について解説していきたいと思います。

CONTACT me

最新情報をお伝えします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © /Arco Baleno Company / All Rights Reserved.